FC速谷さんのハードルを5cm上げる提案をしました。

FC速谷さん、なんなく飛び越えてください。

少し隠れた目的を解説しときますね。

これは、指導者雇用の問題と直結しています。
FC速谷ジュニアユースチーム設立の問題だと気付いてほしいですね。

FC速谷ジュニアユースチームは、廿日市市内の中学校に在学している資格要件での設立を考えています。

中学校の部活動の指導者が不安定な部分を少しやわらげ、サッカー少年の選択肢増やす箱ものです。

サッカーは人生の学校です。
先生が食えないのでは、いい指導はできないでしょう?

要するに、学校を良くするには、お金もかかるわけです。

オシム曰く
サッカー学校を卒業すれば、君の人生は成功したようなものだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック