広島県の社会人サッカーの現状

本日中国リーグを2試合観戦しました。

広島県の社会人サッカーの現状は、非常にきびしいことを、ここに報告します。

きびしい点
@サッカー以前の問題が、低次元
Aサッカーのゲームが、成熟していない

@については、プレーマナー・ベンチマナー・サポーターマナーすべて0点
ゼロは1にも100にもならない。あえて、きびしい評価をさせていただきます。
GFの禁煙スタンドで関係者が堂々とタバコを吸う。しかも、これを放置する空気。
ベンチの声や関係者の声も聞くに堪えない・・・審判批判のオンパレード
広島県を代表するチームの自覚は、どこにあるのでしょうか?
あまりにひどいので、
もう廿日市には来るなと明日県協会に申し入れます。

Aについては、指導者の勉強不足。ゲームが、サッカーのゲームにならない。
マニュアル通りの采配なら、指導者を名乗るべきではない。
もっと1から勉強していただたいですね。

一方
山口のレノファ
島根の松江シティ
両チームともサポーターを大切にしている。
サッカーをリスペクトして、相手選手・審判への言動が、子どもたちの手本となるものでした。

広島県の社会人サッカーは現状でよいのか?
サンフレッチェが広島県にはあるからと依存する考えが横行しています。
仕事優先を自分の力量不足の言い訳に使う選手を許す雰囲気も、がまんできないレベルです。

地域を熱くさせるチームや選手を、自分たちが作る情熱ある指導者が現れるのを
期待を持って待ちたい!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック