動きながらパスを受けるコツ

ボールも人も動くサッカーは、イメージとしてはわかりますが、
具体的にどんなことでしょうか?考えてみます。

パスを重視するサッカーの基本技術は、止める蹴るの技術に偏りがちです。

しかし、受け方の工夫がないとボールは回らないのですが、
その共通理解があまり浸透していないようなので書いてます。

出し手(ボールをキープしている選手)の出せるタイミングで動くこと。
その動きの強弱の問題。
そして重要なことは、ボールの移動中の相手の死角を利用するサッカー脳の問題。

さてサッカー脳ですが。。。パスはヨコパス。タテパス。そして一個飛ばしのパス。があります。
一番相手がボールウオッチャーになって死角が発生するのは一個飛ばしのパス。
タテパスも精度の良いくさびであれば死角が発生します。

要するに人が動くとは、死角にいったん隠れてから、出せるタイミングで受ける。
この概念が共有できないと人が動くパスサッカーはできないと思います。

サッカーの基本の整理には、指導者の手助けが必要です。
一つは、地味な基本パストレーニング。(デイリーワーク)
そして、もう一つは、動きの質の概念と実戦での積み重ね。(マッチワーク)
2つの相反する側面のバランスをとることが指導者の役目。
もう一つ重要なことは、「学びの場」の設定です。

なぜなら、選手は学ぶ材料がないと、サッカー脳が活性化しないからです。

今日書いたことが子ども達のサッカー脳が活性化につながれば幸いです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック