ボシさんの成長

ボシさんが成長している。

以前は、選手としても、コーチとしても、「自分のためのサッカー」だった。

しかし、今は「仲間のためのサッカー」になっている。

なぜ変わったのか?

何を学んだのか??

一つ言えるのは、まともなチームに所属したからではないでしょうか?
だから、サッカー選手として成長できた。

今後彼は、コーチとしても、子ども達をサッカーを愛する仲間として「仲間のためのサッカー」に向かうでしょう。

人は変われる。
変化は言動に現れる。

人の成長がチームの成長であり
チームが人を成長させる。

このような好循環こそが
地域の財産ですよね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック