サッカー界の競争原理導入

サッカー界の競争原理導入ですが、枠の中の価値を奪い合う競争ではなく
【新しい価値の創造を競い合う】
または、【公益性を競い合う】
そのようなサッカー界の機運を全国の有志の方達と共有したいと思うんですね。
情報共有のツールとしてネットを活用して、当クラブの「新しい価値の創造」の情報提供をさせていただきますね。

日本の公共スポーツ施設は、「新しい価値の創造」の器になっているでしょうか?
枠の中での既得権を公平性にすり替えているだけの「創造のない器」にすぎないと思うのは、私だけでしょうか?

全国には
日本のスポーツ施設はまだまだガチガチの行政施設です。持続可能なスキームへの転換がなされていないです。
と。。。考える方も大勢います。

持続可能なスキームにならないと、税金が投入されても、市民に財産は残らないんです。

ちょっと冷静に考えれば、誰でも理解できるシンプルな理論です。
サッカー界の皆さん!賢くなりましょう!!
未来は自立したサッカー界が変えていくべきなんです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック