ドラゴンを、なぜ現役復帰させたのか?

042.JPG
久保竜彦選手には、寡黙で、そぼくなサッカー選手のイメージが定着している。
私が、1年前に出会った時も、その印象だった。
私は、サッカーエリートではないし、サッカー界の立場があるわけでもない。
輝くピッチでプレーしたことのない、さえないサッカー人である。

そんな私は、久保竜彦のプレーだけは好きだった。

その理由が、会ったときに解った。
私と久保竜彦は、幼少から育った環境が酷似していた。
@都会から1時間離れた田舎の父ちゃん母ちゃんガラス屋の息子であること
A二人兄弟の上であること(久保の弟は、私と同じ修司である)
B高卒
C選手権に行ったことがない
D成績が悪く、工場勤めでもやろうと思っていたこと
E要領が悪く世渡りがへたなこと

久保竜彦が、サンフレで売出しはじめた時、私は、とても、きびしい状況だった。
転職に失敗して、無謀にも測量事務所を開業して、奔走していた。
誰からも相手にされない状況だった。

そんな時、たまたまビックアーチで見た久保竜彦のゴールに私の魂が震えた。。。。
ゴールの瞬間、なぜか涙があふれてきた。

偉ぶらないヒーローインタビューの受け答えも好きになった。
劣等生仲間の一人が熱狂の中心にいて、私を励ましてくれた気がした。

久保竜彦のゴールは、エリートのゴールではない。

私は、ただ、もう一度久保竜彦のゴールが見たい。
そして、現在つらい立場にいる人に勇気を与えてほしいと思ってます。

久保竜彦のゴールには、その力が宿っているのだから。。。
この記事へのコメント
久保選手は、マリノス時代に横浜国際総合競技場で、優勝を決めるヘディングシュートを妻と一緒に観戦して、震えるような感動をしたことを思い出します。
私は、今、神奈川県在住で、東証一部上場の大手企業の研究所に勤めていますが、リストラの憂き目にあい、今、社内で失業中です。業績が悪く、仕事がないと言われています。家族を抱え、ローンを抱え、これから、どうなってしまうのか、先が見えない状態で不安で一杯です。
でも、久保選手が、現役復活したと、知り、なぜか、気持ちが前向きになり始めています。どういうわけかは、わかりません。あの純朴で、素朴な人柄、最後まであきらめないプレースタイル。

そう、、、最後まで、あきらめない。
それを、久保選手に教えてもらったような気がします。
この先、どうなるか、わかりませんが、あきらめずに頑張りたいと思います。
そして、久保選手のゴールを是非、また、この目で、直接、観てみたいと思います。
この夏あたりに、広島に応援に行く旅行を考えたいと思います。
Posted by 久保 雄一 at 2013年05月14日 04:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

長野県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 長野県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2014-04-24 12:27