銅メダリスト小城得達会長に、廿日市FCの進むべき道を教わりました。

1233977_374167072686308_1311355127_n.jpg
9/26(木)(公財)広島県サッカー協会 小城得達会長 (元日本代表、メキシコ五輪銅メダリスト)とお話ししました!
『小城会長の言葉』
@子ども達のあこがれになる身近な廿日市FCトップチームを作れ
A地域密着=全国で通用するサッカー + 地域スポーツ底辺の拡大への貢献
B育成年代の指導者確保システム構築は、地域の熱心なボランティアと一体となった活動に活路を見いだせ。

サッカーの素質について
@スピードにつきる
A走るスピードでステージは決まる
B走るのが遅い選手はステージはトップは無理だが、セカンドステージでパススピードや判断のスピードを磨けば、中心選手になれる。

以上、どれも、本質的なお話でした。

廿日市FCが、Jクラブになれるか?重要な試合が今週から続きます!
応援お願いします!!
この記事へのコメント
はじめまして。
いつもトップチームの動向等を興味深く拝見させてもらっています。

既にご存知かと思いましたが、広島にこんな最先端の理論をお持ちの方が在住されておられますので、ぜひ確認してもらえれば幸いです。

http://nishimotoriron.blog.fc2.com/


応援しています。
Posted by もと廿日市 at 2013年11月21日 12:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック