シニア最終戦への準備

今週末シニアリーグの最終戦です。

出来るだけ準備して試合にのぞみたいと思います。

個人的には、自分勝手なサッカーになっていないか?
もう一度自分に問いかけながら声賭けをテーマにします。

監督が「声が少なかった」「声に思いやりが足らなかった」と・・・

やる気になる声って大切ですよね。先週心からそう思いました。

チームで戦うことは、本当に難しいことですね。頭ではみんなわかっているのですが、言動が違っている時がある。

だから、試合中に仲間に対しての言動は、その選手の心の中身と言えるわけですね。

そして、その言動が、チームプレーに大きく影響するのがサッカーですよね。

サッカー選手は、『依存しないこと』と『チームとしての戦いを共有すること』を両立する必要がありますね。

子ども達のサッカーもシニア世代のサッカーも中で起こっていることは全く同じですし、選手として要求されることも全く同じです。

結局、心の中身が、言動に出て、チームプレーに影響するのがサッカーなんですね。

だから、選手の心の問題は大きいんですし、そこを考えられるチームリーダーを育てないといけないんですね。

さて、明日の練習は、チームリーダーの方のサポートを少しでもして良い雰囲気の練習にしたいと思います。

シニアチーム先制するも逆転負け・・・

日曜日の試合で私の所属する廿日市FCシニアチーム先制するも逆転負けしました。

原因はパスサッカーを追究しながらも、バックラインからのポゼッションに問題があったように思います。

専門用語ではビルドアップですよね。

シニア年代のサッカーのあるべき姿は、ブロック守備からカウンターではなく、ビルドアップからのくずしだと思いますね。

なぜかというとスピードとパワーがないから、遠くまで強いボールが蹴れないし、走るスピードは年々衰えてきます。

カウンター主体のサッカーだと自分の能力に疑問を持つようになる気がするんですね。

その点ビルドアップサッカーは、技術練習とコミュニケーションで年齢を超えた戦いができると思いますし、広島県でも何チームかは、そのレベルにいます。

そんなシニアサッカーから学ぶことは本当に多くあり、どんな選手がチームに必要なのかを考えさせられます。

ある先輩は言います。『いつもチームのために戦えているかを自分自身に問いかけている』

プレーもすばらしいですがマナーでも人を魅了しますし、偉ぶらない先輩です。

そしてこの『チームのために戦えているか』こそ、指導者が選手を見る基準だと最近になってやっと見えてきました。

その基準でチームの選手に順番をつけてみると面白いことに気づきます。

子ども時代のサッカー環境というか指導環境が大きく影響しているんですね。

私のかかわる子ども達からは、『チームのために戦える選手』を輩出したいですね。

そんな選手を輩出し続けた結果、プロやW杯の選手が育っていくと思いますね。

サッカーチームにかかわることは、経済的には恵まれない仕事ですが、本当にやりがいがありますし毎日が楽しい仕事で充実していますよ。

ある大学のチームでは、個人を優先させる選手は生き残れなくて、チームを優先しチームために戦うまたは準備する選手だけで活動しています。

また、このチームは全員が分け隔てなく同じ練習を同じ分量で同じ要求をされながらプレーしています。

天皇杯福岡県代表になった福岡教育大学です。

ここは学べる環境があると思いますね。

年間を通したリーグ戦の意味

広島県シニアリーグに参加しています。

1年間を通したリーグ戦の中で、選手としての自分と向き合っています。

個人の技量でチームに貢献できないので、試合の中ではグループ戦術の共有をテーマにしています。

公式戦8試合を戦い、練習ゲームも多数行う中で、何人かの選手とグループ戦術について話し合ってきました。

私は個人的に年間を通したリーグ戦によって成長していることを感じています。

また、チームも成長していると思います。

20名弱のメンバーですが、特別な用事のあるとき以外は参加して熱心にプレーされています。

とても良いチームだと思いますね。

このチームだから私は成長したいですし、常に向上心を持ってサッカーに取り組みたいと思っています。

単純なことですが、そのことがサッカーの原点だと心から思いますね。

40年近くサッカーをさせていただいて結論は、自分が成長したいという本心と成長する方法は無数にあることの2つでした。

まだまだ成長できる選手だという事実に感謝しながら、自分の武器と弱点に向き合いたいと思います。

また、その中で感じたことを自分の言葉で子ども達に話してあげたいなあと思っています。

サッカーを教えることはできないと思う

サッカーコーチの中で子ども達にサッカーを教えることができると思っている人は、全体の何割なんでしょうか?

私の個人的な意見は、私には子ども達にサッカーを教えることはできません。

私の考えは、サッカーとは、自分の意思で学ぶものだと定義しています。

必要なことは、サッカーを学ぶ環境+自分の意思を重視し精神を鍛えてくれる指導者です。

学ぶ環境の観点では、コーチのデモンストレーションは大きな要素ですよね。
技術指導は、理屈で言うより、やってみせるが基本ですよね。
しなやかなデモンストレーションが子ども達の感覚に入り込むのですね。

私は、サッカーを教えるひまがあるのなら、サッカーを学べる環境を整える方が良いと思うわけです。

サッカーを学べる環境作りには、保護者や街の世話人等の多くの人の助けが必要です。
サッカー経験者も必要ですが、いろんな経験を積んだ地域の人達の相互依存が必要です。

できることを出し合って、『子ども達がサッカーを学べる環境』を整える。

そのような考えでチームを作れば、この地域に、今の2倍のチームが作れます。

サッカーを教えるコーチは必要ないんですから、サッカー経験者に頼らなくても『少年サッカーチーム』は作れますよ。

私はサポートさせていただけるのであれば何チームでも関わりたいし、良いチームを作ってみせます。

そして、サッカーを学ぶ環境を地域の皆さんとの共同作業で充実させたい。

サッカーを教えようとする指導者は、自分のサッカーやうけうりのサッカーを子ども達に押し付けているだけです。

子ども達は、どうしてイキイキとしてサッカーをやると思いますか?
それは、自分でやろうとしてるプレーができるからです。

指導者は、その気持ちを大切に発揮させてあげれば良いわけです。

もし、チームマネッジメントでお困りの方がおられましたら、相談承ります。
090-2808-1134丸子まで お気軽に電話下さい。

思考の転換について

育成年代でトレーニングで植えつけた戦術がゲームで発揮されないことが良く起こります。

これは、原因は、チームコンディションの問題もあるのでしょうが、一番大きな障害は相手の力量が自分達より上であること。

さて、ここで必要なのは思考の転換です。

冷静に考え、相手が上の部分で勝負したって勝てないので、自分達が今勝てる部分に思考を転換する知恵を持つことです。

もうひとつの思考の転換は、時間です。

勝てない時間帯を分析してチームとして意識を共有すること。

つまり、たとえば前半は、飛び込まないでひたすら耐えるとか。

さて、以上述べたことは、どのような経験から体得できるのかという問題です。

これはゲーム経験ですね。

言い換えれば様々なゲーム経験です。

もっと言えば、ゲームの中で、いろんな役割を経験することですよね。

日本サッカーが、いまひとつ伸びていないのは、老練な指導者、老練な選手、老練なチームが育っていないことです。

サッカー選手は人にもまれて育っていきます。

要するに壁にぶつかることで、思考の転換を体得して、伸びていくわけです。

個人も、チームも、指導者も

サッカーを上手くなる

数的優位をつくる。
つまり2対1で優位に立つ。

そのために頭脳を使う。

そのためにパスの質を追及する。

そのために仲間とイメージを合せてパス交換する。

密集地帯でも、相手のスキを見て、仕掛けのプレーをすれば数的優位は作れる。

私は個人的にサッカーを上手くなりたいと思っている。

そしてサッカーを上手くなるとサッカーが楽しくなることを伝えれる大人になりたいとも思っている。

さらに、私は技術的にも戦術的にも、まだまだ、伸びる選手だと思っています。

いや、伸びる自信があります。

それは、確実に見えているものが増えているからです。

プレッシャーの中でも、だんだん見えてきているからです。

今は、プレーするのが楽しくて仕方ない。

それは、小学生とサッカーするときも女性とフットサルするときも若者とサッカーするときも同じです。

要するに数的優位を作れば良いのですからね。

ゆうじ来る!

事務所へ、OBのゆうじ来た。

FC速谷出身で、廿日市FCジュニアユースと廿日市FCユースで6年間所属した現在25才くらいの若者。

京セラに務めていて、フットサルの全国大会に行って負けたことを自慢しに来たわけです。

彼は、大学時代にアメリカへ1年留学してみたり、南米を放浪したり、いろんな経験をしていて、それを小出しに話してくれます。

現在は営業職で毎年成長して帰ってきてくれるので、楽しみです。

廿日市FCユースというチームは不思議なチームで、選手は仲間であり同志のような気持ちをスタッフと共有しています。

少ない人数で、苦労して練習して、サンフレユースに木っ端微塵にされ、それでも、みんなサッカーを続けている。

今でもスタッフと心が通じているユースOBは多数います。

サッカークラブチームの発展には、ユースチームは欠かせないのかもしれません。

華やかな高校サッカーではない世界ですが、もう一度廿日市FCユースを再結成したいなあと思っています。

レベルの差

サッカーチームのレベルを考えるのに良い事例があるので紹介します。

廿日市FCトップチーム・・・チームより個人が優先
廿日市FCシニア40・・・個人よりチームを優先

さて、このレベル差は、どこから発生するのでしょうか?

廿日市FCトップチームは、地域のサッカー少年のシンボルとなるチームを目指しています。

現状では、シニア40の方が、子ども達に見せれるサッカーをしています。

私は、自分がやらなければと思っている選手の思いの重さの合計が、この2チームのレベル差となっているように思いますね。

若い選手は、精神的にも若いので、サッカーを表面で捉え、廿日市FCのOBでも安易に現時点で強いチームを選択する傾向にありますね。

そこではないんです。

チームは方向性が大切で、何を成し遂げようとしているチームなのかを考えないとサッカーは、娯楽にしかならない。

私個人的には、廿日市FCトップチームの奮起を、期待しています。

地域の皆さんは、どうでしょうか?

強くなれば、世間から注目されれば、皆さんも期待し応援するスタンスなのでしょうか?

それでいいのかなあと思ったりしています。

強いチームは、誰が作るのか?

柴村監督なんですか?

違いますよ・・・地域の皆さんであり、廿日市FCを大切の思うあなただと思うんですよね。

サッカーの本質を子ども達に教えるべきでしょうか?

サッカーの本質は、いろんな視点から検討すべきですが、今日はチーム愛の視点から考えてみます。

チームと個人の問題ですね。

中学生や高校生が、勉強(受験)とサッカーのどちらか1つにしぼる問題です。

私は、両方全力でやればいい派です。

なぜなら、チームと個人を考える良い機会だと思いますし、基本的にはチームのために個人の力を発揮する考えが善だと思うからです。

チームというのは実は方向性が大切で、チームに賛同している人がチームのために個人ができることを全力でやる。
10%自分の力よりがんばってやりきるメンタリティ−はチームへの賛同の証ですね。

さて、子ども達は上記のことを、社会に出る前に学ばなければいけないと思いますね。

人間社会の本質がソコにあるからです。

教えるべきか?気づくのを待つべきか?

保護者の方も同じ悩みをお持ちだと思います。

見守る私達にできることは、
個人とチーム両方に全力を出し続けることを求めることなのかなぁと思ったりしてます。

勉強とサッカーを両立させることが、個人を強くし、チームのためにがんばれるメンタルを育てることになる。

そのことを子ども達が体得すれば、子ども達の未来は明るいと思います。

奇跡を起こせる人材になれると思いますし、そのような可能性のある子ども達を私は育成したい。

チームのために価値の交換を考えられる事は本当に重要な人間社会での本質にせまることだと思いますからね。

見るものを増やす

ボールを見る

これはみんなできていますね。

ボール以外に何を見なければいけないか?

考えてみましょう!

★ドリブルしているとき

★守備しているとき

★ヘディングで競り合うとき

状況によって何を見るのかは、違っていますよ。

状況によって、ひとつでいいから見るものを増やしましょう。

見えているものが、ひとつでも増えれば、プレーは変りますからね。

そこがサッカーの面白いところかな

強くなれ!そして、やさしくなれ!

サッカーをして人生が広がるか?

サッカーをして人生が広がらないか?

大きな別れ道ですね。

私は、すべての子ども達にサッカーをして人生を広げてほしいですね。

つらいからと言って、やめてしまえば広がりません。

天狗になって、信頼を失えば広がりません。

困難に立ち向かう強さ。

信頼をえるやさしさ。

この2つを両立すること教えてあげないと子ども達は伸びていかない。

私は生涯子ども達とかかわり強さとやさしさをサッカーをとおして伝えたい。

少年サッカーのコーチは、子ども達の未来にふれる大切な仕事です。

一生をささげるに値する仕事だと思いますね。

依存から自立・・・そして総合依存へ

依存サッカーは、原点。
ボールを奪う。ゴールを奪う。相手をスピードで圧倒する。
欲を持つことはすばらしい。
しかし、精神的には、まだまだ
自分のことでイッパイイッパイレベル

自立サッカーは、自分さえ良ければ良いと、自分の得する情報を集めたがる時期。
仲間と協力するが、自分本位は変らない。
自分と仲間のことでイッパイイッパイレベル

総合依存サッカーは、ギブ&テイクを考えるサッカー
自分のできることと他人のできることを交換し、進化できるサッカー
うまくいくと奇跡のサッカーが起こる。

さて、総合依存への道のりですが、自分のミッションを確立することが必要

私のサッカーは、何のためにあるのか?

それが確立できれば、総合依存できるチームへの道が開ける。

自分のためのサッカー

仲間のためのサッカー

地域のためのサッカー

国を代表するサッカー

このように書けば、あなたがどのレベルかが、わかるでしょう?

私は地域のために戦えるレベルを目指しています。

そして、関わった子ども達には国を代表して戦う選手とは何なのかを常に意識させたいなあと思っています。

子ども達は全員私よりすばらしい選手になってほしいからです。

小さい頃はみんなサッカーをするようになれば良いと思うのですが・・・

子ども達にとってサッカーとは・・・

外遊びのきっかけ

仲間を意識するきっかけ

自分の考えを持つきっかけ

自分の考えを思い直すきっかけ

人を好きになるきっかけ

(他競技の指導者の方・・個人的な勝手な意見ですから、あまり気になさらないで下さいね)

私はサッカーをしている子ども達の顔が好きです。

いきいきとしていて笑っている顔が好きです。

そして、それを微笑ましく、そっと見ている保護者の方のたたずまいが好きです。

小さい頃にみんなサッカーをして、高学年になって、中学生になって、いろんなスポーツを選んでくれたら良いと思っています。

だって、サッカーは全身運動ですし、運動感覚がすべて磨かれます。

また、人とのかかわりが必要なので、子ども達の心の成長が促されます。

私は、個人的な考えですが、廿日市のすべての子ども達をサッカーで笑顔にしたいと思っています。

子ども達のサッカー観にアプローチしよう!

子ども達ひとりひとりにサッカーがあります。(わがままな一面もあるということです)

しかし、サッカーはチームゲームですから、チームの意思統一も必要です。

子ども達ひとりひとりがチームのために自分のできることを考えはじめたら、チームは変ります。

要するにチームの意思統一は、チームのために自分のできることを考え、実行しよう。

勇気を持って、チャレンジしよう。

それが仲間のためなら、仲間はみんなわかってくれる。

このようなチームの意思統一が必要なのでは?

一方、チームを軽く見て、個人に走った選手は、なかなか大成がむつかしい現実を私は知っています。

だから情報としてこのコラムに書いています。

今現在のピッチでのパフォーマンスより、練習での取り組み方やチームとのかかわりに着目して子ども達を指導すべきです。

少年サッカーチームには、老練な指導者が一人は必要ですね。

老練な指導者は、誤りを正すようなことはしません。

子ども達が自分の考えを考え直すキッカケをあたえます。

前提は、自分の考えを持つことはすばらしいことだと認めること

そして、その考えを思い直したり、考え直す勇気を持つべきだと教えること

その勇気をチーム全員が持てば、すばらしいチームができます。

すばらしいチームをつくるのは指導者ではありません。

子ども達の自身のサッカー観なのです。

PS.
子ども達はサッカー観をとおして人生を学んでほしいと思っています。
私は子ども達の成長を自分の経験として私の人生を広げていきたいと思っています。

スペイン優勝!

ほとんど寝てません。。。。

スペインのすばらしいパスワークにとりつかれました・・・

イニエスタやシャビのプレーは練習すればできるかもしれないと・・・

少年のような気持ちで見てました。

子ども達は、どう感じたのかな?

一方、オランダサッカーは身体能力が違いすぎて私には参考になりません。

また、ベスト4のウルグアイのフォルランは、ジーコににてますね。

受けるポジションとタイミングが神様ジーコを見ているようでした。

フォルランのファーストタッチと両足で打てるシュート技術を子ども達は参考にして欲しいですね。

残念ですが、夢のような楽しいワールドカップは終わりました。

私の睡眠不足も解消されますが、さみしさはありますね。

コーディネーションTR研修会参加します。

広島県サッカー協会の講習会情報をチャックしていたら
コーディネーションTR研修会情報がありました。

さっそく申し込みました!

7/31(土)午後 講師は泉原嘉郎氏

テーマは育成年代のコーディネーションTR

興味のある分野なので、さっそく申し込みました。

定員は30名です。

興味のある人は早めに申し込まれた方が良いですよ。

内容的にも、かなり期待できる講習会だと思います。

なお、現在コーチをされている方だけでなく、これからコーチを勉強される方にも門戸を広げられています。

ご活用されたら、どうでしょうか?

少年サッカーコーチの仕事とは何か!

少年サッカーコーチの仕事とは...

サッカーを通して子ども達の向上心を刺激すること

以上・・・・そこしかないと思います。

向上心とは、夢といってもいいし、野心と言ってもいい

もっと肉食系で表現すれば、野望を持つと言うことです。

子ども達には、サッカーを通して、野望を持つことの重要性

すなわち、野心のある人間が可能性を伸ばし、のし上がっていく現実社会を学んでほしい。

私は、現代人のなかでは、野望のある方だと思います。

自分の野望のために、仲間を作り、試行錯誤する知恵を研ぎ澄ませています。

また、既成概念にとらわれないで、自分の頭で論理的に整理して行動し、修正を加えながら前に進む。

全部、サッカー界で学んだことです。

待っていて先生や先輩から学んだことはありません。

子ども達に言うことは

上手くなりたけりゃ、自分の頭で考えて、自分で積み上げろ!

人間は今を生きています。

今できることの最大限の努力を積み重ねることしかできないんです。

それができない言い訳は、子ども達に絶対させてはいけない。

その姿勢が子ども達の可能性を伸ばすことにつながる。

サッカーを通して人生を教える。

私は、指導者として、そのレベルにあるということです。

駒野選手のPK

ワールドカップの駒野選手のPK・・・残念でした。

私が一番に思ったのは、ものすごい球速だなあと

ものすごいキックだと思いました。

一歩の踏み込みで、体幹がぶれないで、強いキックでした。

あれは止めれないですし、バーをたたいたのは、100分の1程度の確立でおこるミスでしょう。

それほど完成されたPKのキックに正直驚きました。

やっぱりサンフレッチェの育てた選手はキックが上手いなあ

サッカー勉強中!

週末の活動は内容が濃かったです。

大変勉強になりました。

FC速谷が戦えるチームになりつつある。

そして、その応援を微力ですがかかわっていることが楽しいです。

しかし、その中で一人の6年生が練習に来なくなっていることがひっかかっています。

楽しいサッカーが、楽しくないから来なくなっているのでしょうか?

なぜ?楽しくないのでしょうか・・・

選手は、私もそうですが・・・とてもナイーブで弱いものです。

声かけをして、いつも勇気を持てる状態にしてあげないといけないんです。

それができていなかった責任の一端は、私にあります。

後悔しています。

彼にとってサッカーを楽しく思う、勇気の持てる声賭けができなかった私の力不足です。

私達おとなは、実は子ども達にできることは、けっして多くない。

でも、少しの心遣いで子ども達も組織も変ることも知るべきですね。

私はサッカーをもっともっと勉強して、かかわらせていただいた子ども達すべてに夢と勇気がもてるようにしてあげたいです。

そして、自分自身も夢と勇気を持つことを忘れないでいたいと思っています。

サッカーを学ぼう!

下記は、私が活動させていただいてるチームの仲間からのメールです。

サッカーを学び、意識を高め、何ができるか。ということに興味があります。

彼は、40代の方ですが、学生時代のサッカー経験はなく、自分の息子がサッカーをはじめて興味をもち、自分でもプレーをはじめた選手です。

サッカーとは何なのか?

サッカーの真実を追究する私達の旅がはじまります。

旅日記は後日このブログにて報告いたします。